» おすすめの本のカテゴリー » 吉本隆明を読む会のおすすめの本

吉本隆明を読む会のおすすめの本

言語にとって美とはなにか

言語にとって美とはなにか Ⅰ 言語とはなにか、芸術とはなにか。そして文学とはどのような言語の、どのような芸術な
read more

詩人・評論家・作家のための言語論

詩人・評論家・作家のための言語論 詩や小説や評論を書く人に、どこかで役に立つ言語論をめざして吉本隆明が講演した
read more

心とは何か―心的現象論入門

心とは何か―心的現象論入門 人はなぜ精神異常になるのか、などこころの神秘が、「目からウロコが落ちる」ようにわか
read more

第二の敗戦期: これからの日本をどうよむか

第二の敗戦期: これからの日本をどうよむか 日・中・米の政治的関係性から、言語コミュニケーション論、戦後の葛藤
read more

共同幻想論

共同幻想論

なぜ、猫とつきあうのか

なぜ、猫とつきあうのか 幼い頃の猫の思い出と歴代の「吉本家の猫」とのつき合いをたどり、猫の習性、猫という存在の
read more

世界認識の方法

世界認識の方法 新しい歴史理念の構築を目ざす著者が、マルクス理論の有効性をめぐるミシェル・フーコーとの激論を機
read more

ひきこもれ

ひきこもれ 「一人でこもって誰とも顔を合わせずに長い時間を過ごす。『分断されない、ひとまとまりの時間』をもつこ
read more

カール・マルクス

カール・マルクス かつて混迷の政治の季節、虚飾にまみれたマルクスを救出するべく、その人物と思想の核心を根柢から
read more

読書の方法

読書の方法 「なにに向かって読むのか」「どう読んできたか」「なにを読んだか、なにを読むか」。偉大な思想家・詩人
read more

超恋愛論

超恋愛論 恋情とはなにか。結婚とはなにか。愛が極まるとき、それはどこに到着するのか。日本の伝統的な男女観から、
read more

吉本隆明初期詩集

吉本隆明初期詩集 東京下町の少年時代、山形米沢の高工時代──「巡礼歌」「エイリアンの手記と詩」など習作期の詩作
read more

Up