» 手仕事の日本

手仕事の日本


手仕事の日本手仕事の日本

小間物屋の軒先に掛かっているような生活道具の素朴な美しさに魅了された柳宗悦は、20年近い歳月をかけて、「手の国」日本を隅々まで訪ね歩いて本書を著し、民藝運動の基盤を築き上げた。 もともと日本語には、「上手」「下手」「手堅い」「手並みがよい」など、「手」に因んだ言葉が多い。これが示すように、かつて日本各地の職人は、郷土の風土、慣習にあわせて必要な道具をひとつひとつ丹精込めてこしらえたものだった。 今では機械製品に追いやられ、日常生活から姿を消しつつある郷土品の数々が、まだ活き活きとした輝きを放っていた昭和10年代頃の日本が垣間見える民藝案内書。


Up